2013年10月アーカイブ

10月ももう終わりですが、今月は台風が多かったですよね~。

 

毎年そんなにたくさん来てたっけ!?っていう気もしますが、まあ住んでいるところが沖縄や九州でなければ、そんなに毎年何度も直撃・・・ってこともないのかもしれませんが。

でも今年は伊豆大島に被害が出て、沖縄や九州以外でも大きくニュースで取り上げられました。

もうそろそろ台風シーズンも終わりかと思いますが、これ以上の被害が出ないことを祈っています。

 

まだ少し暖かい日が続いていますが、今年の冬はどんな感じでしょうか?

さっそく年末にスキーの予定を入れたので、早めに雪が降っていいゲレンデコンディションになってほしいな~と思います。

 

今年のインフルエンザはどうかな?

こちらは流行しないことを祈ってます・・・(汗)。

外資系企業は幅広い分野で薬剤師を募集しています。治験の仕事、MRの仕事、品質管理の仕事など薬剤師の知識や経験を生かせるものが多いです。治験の仕事は製薬会社が開発した薬の臨床試験に関係がある仕事です。MR(医薬情報担当者)は製薬会社が開発した薬の営業を担当します。治験とMRの仕事は募集の数も多いので、薬剤師の方の転職に向いています。薬剤師の本来の仕事である調剤や投薬からは遠ざかってしまいますが、給与も高くて勤務の条件も良いので人気があります。ただし地方でこのタイプの求人が行われることは少ないです。首都圏や大阪で多くなっています。

外資系企業勤務の場合は英語の能力が問題なります。薬剤師関連の仕事では高度な能力が求められることが多いです。ビジネスレベルの英会話能力が必要で、限定的なコミュニケーションのみが可能な場合は採用される可能性が小さくなってしまいます。TOEICの点数では735点から860点です。860点以上を求める企業もあります。外資系企業の場合、アジアで仕事をする必要が出てくることもあります。そんな時に使われる言葉もやはり英語です。英語の能力を採用の条件にしない会社もあります。医薬品の営業や医療機器の営業の仕事のことが多いです。

外資系企業に就職や転職をする場合はいろいろなハードルがあります。英文の履歴書を提出しなければならないのもハードルの1つと言えるかもしれません。本やインターネットを使って調べれば、英文履歴書の書き方はわかるようになりますが、具体的なアドバイスをもらった方が効果的です。転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみましょう。キャリアコンサルタントの中には外資系の企業で勤務していた人もいます。そんな人からアドバイスをもらえたら、書類選考に通る可能性は高くなるでしょう。

このタイプの求人は転職サイトが得意にしています。多くの求人が集まっているので、その中からご自分に合ったものを選ぶことが可能です。外資系は給与の高いところが多いので非公開求人になる可能性があります。ネットでは情報が公開されませんが、転職サイトの登録者には詳細が公開されます。非公開求人は質の高いものが多く、それをたくさん持っているところが優れた転職サイトだといわれています。マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師がその代表格です。面接対策も重要になりますが、面接で質問されることをコンサルタントが教えてくれるので安心して面接を受けられます。

薬剤師紹介 薬剤師の転職・求人・募集なら【マイナビ薬剤師】≪公式≫

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク